会社概要

モノづくりにかかせない「3本の矢」

当社はみかん缶詰の最盛期だった昭和41年に安芸高田市吉田町に工場を新設しました。吉田町は広島県の北部に位置します。戦国武将“毛利元就”の本拠地として知られています。元就は「3本の矢を重ねることで折れにくくなる」と息子たちに協力の大切さを教えます(「三矢の訓」)。当社も元就の訓えにもとづいて、「人財育成」「5S徹底」「継続改善」というモノづくりにかかせない3本の矢を重ねて、従業員スタッフ全員が一致団結してまいります。そして「安心、安全な製品を安定して供給できる工場」を目指してまいります。

感謝の気持ちと創業者精神を継承

当社の創業者“楠原政之助(まさのすけ)”は、4歳で楠原家の養子となります。ろくに学校にも行かず10歳から奉公を繰り返し、無学文盲ながら実体験の中から世渡りの術を学び、商売の技術を得ようと貪欲に自己研鑚し続けます。そして明治30年20歳のとき広島市内で漬物・佃煮を製造販売し事業を開始しました。
時は流れ100年以上経った現在、創業から5代目(私も政之助と同じく養子です!)となります。事業内容は時代とともに変わってきました。その間多くの方々からたくさんの御恩をいただいてまいりました。「お蔭様で ありがとうございます」という感謝の気持ちを忘れずいつか御恩返しができるように専心努力してまいります。そして創業者政之助の精神を受け継ぎながら「お客様にとっていい(・・)会社」そして「従業員スタッフにとっていい(・・)会社」であるよう継続し発展できるように日々研鑚してまいります。

このページのトップへ

経営理念

一、品質研鑽で「安全・安心な商品」を提供する。
一、美味研鑽で「おいしい」を追求する。
一、自己研鑽で「技術・知識の向上」を目指す。
一、日々研鑽で「お客様」「会社」「家族」の幸福を目指す。

このページのトップへ

会社概要

社名 
楠原壜罐詰工業株式会社
代表者名
楠原雄治 代表取締役社長
設立
昭和23年5月7日
資本金
1,459万円
事業内容
食品製造業(缶入り清涼飲料水の製造が主体)
社員数
43名
決算月
12月
売上高
32億2千万円(平成28年)
取引先
(株)伊藤園 チチヤス(株) ト−ウンロジテム(株) 
キンキサイン(株) ユウキ食品(株)
取引銀行 
伊予銀行広島支店 広島銀行本川支店 広島信用金庫土橋支店 
新生銀行広島支店 商工組合中央金庫広島支店 日本政策金融公庫広島支店
関連会社
楠原産業有限会社(不動産部門)

組織図

このページのトップへ

所在地

本社(経理部門)
広島県広島市西区中広町一丁目16番24号 MAP
TEL 082-231-5185
FAX 082-231-0744
access
JR広島駅より車でおよそ15分
吉田工場(製造・物流部門)
広島県安芸高田市吉田町相合1100 MAP
TEL 0826-42-0543
FAX 0826-42-0635
access
中国自動車道 高田ICより車でおよそ15分
広島市内より車で国道54号線三次方面へおよそ45km
JR芸備線 向原駅より車でおよそ20分

このページのトップへ

沿革

明治30年
楠原政之助が広島市中区榎町にて漬物、缶詰の製造販売を始める。
昭和7年
合名会社楠原政之助商店に組織変更。
政之助長男 楠原森太郎が代表社員に就任。
昭和20年
原爆投下により工場全焼したが直ちに復興をはかる。
昭和23年
壜缶詰製造部門を独立させ、楠原壜罐詰工業株式会社を設立。
楠原森太郎代表取締役社長(創業より2代目)に就任。
昭和33年
高松宮殿下 中広工場 ご台覽。
昭和41年
広島県高田郡吉田町(当時)に工場新設。
みかん、桃、牡蠣、銀杏などの一般食品缶詰製造。
昭和43年
楠原信作代表取締役社長(創業より3代目)に就任。
昭和61年
缶入り清涼飲料水製造開始。茶系缶飲料ライン新設。
平成6年
レトルトパウチライン新設。レトルトカレーの製造開始。
平成8年
果汁・野菜系缶飲料製造ライン新設。
平成10年
広島本社工場撤去。本社にて経理部門を担当。
製造部門を吉田工場に集約。
平成11年
事業の主力を缶飲料製造に移行。
レトルトパウチライン撤去。一般食品缶詰製造ライン撤去。
平成13年
広島県経営革新計画承認(缶コーヒーライン増設)
果汁・野菜系缶飲料製造ラインに缶コーヒーラインを増設。
平成14年
楠原信作代表取締役会長に就任、
実弟の楠原敏正が代表取締役社長(創業より4代目)に就任。
平成19年
食品安全の国際規格 ISO22000認証取得。
乳製品製造業の営業許可証取得。
平成20年
広島県経営革新計画承認(省エネ)
平成22年
缶飲料製造ライン 充填室増設(充填能力アップ)
平成24年
缶飲料ライン 充填ラインを一本化
広島県事業高度化計画承認(省人化設備)
広島県経営革新計画承認(ボトル缶ライン増設)
平成25年
楠原雄治代表取締役社長(創業より5代目)に就任
アルミボトル缶ラインを増設
平成29年
経営力向上計画 認定

このページのトップへ

経営理念

〜食品安全方針〜

〜食品安全方針〜

このページのトップへ